前へ
次へ

不動産の取引

不動産の取引をすることになったら一般の人は多くの場合、不動産業者などの協力を得ることになります。不動産業者が仲介役として売る側、そして買う側を結びつけてくれるわけですが、その場合に発生するのが仲介手数料というものです。仲介手数料は取らないという不動産業者もあるようですが、そういった不動産業者については話を良く聞いたりすることが大事になります。多くの場合仲介手数料がかかることになるので、それを考えた上で売買額を決定してもいいでしょう。不動産の売買取引による仲介手数料というのは計算方法が法律で決められています。というよりも上限が決められているので、それを超える仲介手数料は払う義務がありません。また、もし不動産の売買が成立しなかった場合も仲介手数料を払う義務はありません。仲介手数料はあくまでも不動産売買の契約が成立した時のみ払うお金だということを頭に入れておきましょう。

top用置換

top用置換2
Page Top